「想像力が桁外れ」劇場版「鬼滅の刃」米レビュー好評 批評家の95%が肯定

サッカーはビジネス 欧州スーパーリーグ騒動で見えた金との関係

欧州の12の人気サッカークラブが、欧州スーパーリーグ(ESL)の結成を4月18日に発表した。この動きは、有力クラブにのみ安定した収入を約束するものとして、ファンや運営組織、さらには各国の政治家から大きな批判を浴びた。その後参加予定だったクラブのほとんどが脱退を表明。スーパーリーグ構想の実現は遠のいたが、この騒動でサッカ,欧州の12の人気サッカークラブが、欧州スーパーリーグ(ESL)の結成を4月18日に発表した。この動きは、有力クラブにのみ安定した収入を約束するものとして、ファンや運営組織、さらには各国の政治家から大きな批判を浴びた。その後参加予定だったクラブのほとんどが脱退を表明。スーパーリーグ構想の実現は遠のいたが、この騒動でサッカーと金の関係に改めて注目が集まっている。

 アニメ映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」が23日、ついに北米で封切りとなった。国内では昨年10月に公開されて以来、半年以上も劇場公開が続いているロングラン作品だ。公開が始まった北米でも、週末興行ランキングで初登場2位を記録するなど、きわめて好調だ。

【写真】自然の中のエコハウスで孤独を味わう パンデミック時代の旅

パンデミック発生から1年が過ぎ、人々の「旅」体験は変化した。だからこそ、このような旅の形が生まれたとしても何ら不思議はない。数千人の乗客がともに旅をする地中海のクルーズ船のキャビンのかわりに、その対極にある旅を楽しむ人がいる。それは、何もない土地の真ん中で味わう、完全な「孤独」だ。,パンデミック発生から1年が過ぎ、人々の「旅」体験は変化した。だからこそ、このような旅の形が生まれたとしても何ら不思議はない。数千人の乗客がともに旅をする地中海のクルーズ船のキャビンのかわりに、その対極にある旅を楽しむ人がいる。それは、何もない土地の真ん中で味わう、完全な「孤独」だ。

 

◆妹を救うため立ち上がる炭焼きの少年
 原作漫画『鬼滅の刃』は吾峠呼世晴氏による作品で、集英社の『週刊少年ジャンプ』に連載された。大正時代の日本に生きる炭焼きの少年・炭治郎(たんじろう)は、留守の間に鬼に一家を襲われ、家族を失う。唯一生き残った妹・禰󠄀豆子(ねずこ)も、凶暴な鬼の姿に変化。鬼を狩り禰󠄀豆子を人間に戻すべく、炭治郎は剣術の鍛錬に励み、仲間との出会いを広げてゆく。

 コミックス全23巻のうち、序盤の内容がこれまでにアニメ化されている。映画はこのアニメ版第1期を引き継ぎ、中盤への入り口を圧倒的な迫力と人間ドラマで描く。鬼殺隊の一員となり、「全集中の呼吸」をさらに強化すべく修行に励んだ炭治郎。そこへ、数十名の隊員が行方不明になっているという「無限列車」の謎を解く任務が舞い込む。炭治郎と仲間の剣士たちは列車に乗り込み、実力者の煉獄(れんごく)と力を合わせ、列車に巣食う鬼に挑む。

▶︎次のページ 想像力に溢れる戦闘シーン

本家・西洋も魅了する洋食 お得意の「日本化」で庶民の味に

ハンバーグ、カレー、ナポリタンにトンカツ。160年前に開国した日本が、西洋料理を真似て作ったのが洋食だ。庶民の味、家庭の味として親しまれ、日本の食文化のなかに確固とした地位を築いた。近年は外国人観光客にオムライスが人気となり、イギリスではトンカツの代わりにチキンカツを乗せたカツカレーが流行るなど、伝統的な日本料理と並び,ハンバーグ、カレー、ナポリタンにトンカツ。160年前に開国した日本が、西洋料理を真似て作ったのが洋食だ。庶民の味、家庭の味として親しまれ、日本の食文化のなかに確固とした地位を築いた。近年は外国人観光客にオムライスが人気となり、イギリスではトンカツの代わりにチキンカツを乗せたカツカレーが流行るなど、伝統的な日本料理と並び洋食が外国人を魅了している。これまで西洋ではあまり知られなかったその歴史を、海外メディアが紹介している。